Call me シャチョサン

そういえば一昨日、卒業式の合間に、会社の登記申請書類一式を大津地方法務局東近江出張所に郵送しました。

会社設立マニュアルには、法務局は統廃合が多く、不動産登記と商業登記の部門があったりなかったりするので、事前に電話で確認しましょう、と書かれていたので郵送する前に電話しました。

「株式会社の登記申請をしたいのですが、郵送でも大丈夫ですか?」
「はい、大丈夫です。」
「送ってくれはる定款なんですけどね、公証人さんの認証はお済みですか?」
「定款は謄本ですか?」
「手続きの後に返送を希望される書類はあらはりますか?」

などと流暢な江州弁でいくつか確認されます。

「登記申請書と収入印紙の台紙はホッチキスで止めておけばいいんですか?」
「はいそうです。2枚の紙のつなぎ目に割り印をしていただく形になります。」
「割り印は個人実印ですか?」
「ええと、ほれはシャチョーさんの会社の実印になります。代表取締役印です。」

さらっとシャチョーさんと呼ばれてしまいました。

で、まあ、一式封筒に入れて速達書留で送りました。書類が法務局に届いた日が会社の設立日になるそうで、学位授与の翌日が設立日だとちょっとかっこいいかと思い、速達で送りました。でも、結局昨日一日何も連絡がなく、ちゃんと届いているのかちょっと不安です。っていうか、連絡しますなんてことは何も言われてないですし、マニュアルにもそんなことは書いてないので、これでもう登記手続きが完了してたりするんでしょうか。とはいえ、他にやることがいっぱいあるので、数日このまま放置して様子をみます。

Popular posts from this blog

エクセル1行をテキスト1ファイルに

72時間の断食やってみた

36時間の断食やってみた