コーポレートカード

シロシベ関係のお金の出入り、今のところまだそんなにないけど、ちゃんと記録を残さないといけないと思って全て法人口座を通している。収入については法人口座に振り込んでもらう、支出は法人口座から振り込む、それができない場合は自分の個人口座から法人口座に振り込む、法人口座から個人口座に振り込む、といった感じで。

別にそれでも困りはしないが、ちょっと面倒なので、法人用のクレジットカードとかないのかなぁ、と思ったらやっぱりあって、ちょっと調べたところ、アメリカン・エキスプレス・ビジネスゴールドカードダイナースクラブ・ビジネスアカウントカード三井住友VISAビジネスカードをお勧めする方が多い。

法人カードはコーポレートカードと呼ばれるらしく、審査が個人のものに比べて厳しいらしい。うんうん。会社のお金と個人のお金を分けれればそれでいいので、別にコーポレートカードを作る必要もなくて、専用の個人カードを作るといいのかなぁ、と思っていたら、「教えて!goo」に、
>「会社利用専用の個人カード」を用意すればよいのですね。
いえいえ、そんな必要もないのです。明細書の中から個人のためのものと法人のためのものを赤ペンなどで区分し、法人として使った分だけを法人の経費に算入します。明細書は証憑として保存します。税務署に相談し、このような運用を教えてもらったので、私は安心してやってます。

ふうん。赤ペンで塗り分ける...。税務上は問題ないにしても手間が増えるのが嫌でカードを作りたいわけで、それではあまり意味がない。専用の個人カードを作るか、と思いつつも、せっかくなのでコーポレートカードを作りたい。社会勉強のための起業っていう側面もあるわけで。

というわけで、とりあえず申し込んでみることにする。新しい会社にも審査がやさしくてメリットが多いらしい一番人気のアメックスに。こんなの財布に入れてるの、おっさんくさくてちょっと嫌だけど。

...うそ。ちょっとかっこつけてしまった。「こんなのが財布に入ってたら大人みたいでちょっとかっこいいかも」と思う部分が全くないかというと、本当はそうでもない。いやいや社長たるもの、そんな弱気なことを言っていてはいけないので、強く言っておくけど、こんなダサいカード、持ちたくて持つわけじゃないから。業務の効率化のためにやむを得ず作りたいだけだから。っていうか、金色は悪趣味なので本当にやめて欲しいな。

というわけで次回、「審査を通って調子に乗る」の巻、もしくは、「審査に通らなくて悪態をつく」の巻、乞うご期待。

Popular posts from this blog

エクセル1行をテキスト1ファイルに

72時間の断食やってみた

36時間の断食やってみた