水が偏っている

まずい!夏が終わってしまう!
というわけで、ベランダでプールの時間です。本来は子どものレクリエーションとして始まったプールの時間です。しかし今では「プールするよ。なんで?夏終わるよ?気持ちいいよ?じゃあいい、パパ一人でする。」といった具合に本当に一人でプールを出したりするわけです。洗濯機とエアコンの室外機の隙間にビニールプールを出して、お風呂マットをひいて、お隣さんの耳が遠いのをいいことにスピーカーをベランダに出して結構大きめの音量で音楽を流して、冷えた白ワインなどがあると最高です。治安やアクセシビリティ、コスト、設備をトータルに考えれば、どんなビーチよりも快適です。太平洋・中南米のビーチには100カ所ほど行ってる僕が言うんだから間違いありません。いやほんとに。必要なのは、電柱を椰子の木に、カラスを極楽鳥に見立てる想像力です。意図的に認知をゆがめるスキル、それだけです。

で、そんな話はどうでもよくて、今日はうちのMくんもしぶしぶプールに付き合ってくれました。そうすると写真を撮る訳です。いいのが撮れそう、って思うと同じような写真を50枚ほど撮るのですが、そうすると、写真ブログにどれを使うか悩むんですね。1日1枚という自分設定のルールのせいで、いい写真がたくさん撮れた日も全く撮れない日も、つまりほとんど毎日困ってしまうわけです。

今日も甲乙つけがたい写真が複数あって困りました。

目線の外し方が素敵です。眠かったようで、まどろんだ感じの曖昧な視線もいいと思うのですが、水の垂れ方が他に比べるとちょっと残念です。


ばっちりカメラ目線で左目の水滴もいい感じです。でも、水が写真の左半分に偏っていて気に入りません。


いいんですけど、ちょっと寄り過ぎ。子どもの写真なのか水の写真なのか、ちょっとテーマがまとまってない感じが嫌です。

090829
結局、今日採用された写真はこれです。水の垂れ方が完璧です。表情が今一つですが、それを補ってもなお余りある水の塩梅。というわけで、これです。

いい写真が1日に複数撮れた場合、1つを後日にまわしたりするわけですが、ここまで一緒だと後日にまわすことができず、かといってお蔵入りにするのももったいない、ということでこんなエントリーになりました。

Popular posts from this blog

エクセル1行をテキスト1ファイルに

72時間の断食やってみた

36時間の断食やってみた