放影研のLSSコホート論文を読みたい

原発事故にともなって表面化した様々な問題が無視できなくて、だけどどこに焦点を当てればいいのか、何の勉強すればいいのか分からず、日々のインプットに翻弄され、他の雑用に追われてほったらかしになり、という日々が続いています。

まずはやっぱり福島の原発事故の健康被害が心配で、しかも大学では保健学を学んできたわけなので、まずは放射線と健康に関する論文を読むことは欠かせないだろう、と考えるようになりました。2011年4月5日のブログで、
放射線の健康への影響、ここ数週間でたくさんの情報に触れましたが、結局のところよく分かってないんですよね。僕はこの分野に詳しくはないですが、放射線の健康への影響を評価するのって、被曝量の評価も難しければ、数世代にわたるフォローアップも難しく、介入研究で他の要因をコントロールすることもできない、しかも強力な利害関係者がたくさんいて被曝自体が隠蔽されがち、こういうものを正確に評価することが極めて難しいということはよく分かります。テレビなどで言われている「安全です」は「(たとえ後々健康被害が出ても因果関係を立証できないから)安全です」なんだと思います。
と書いてるのですが、この考えは今も同じで、生活環境に放射性物質がまかれた状況の健康影響を調べる研究デザインとして、RCTやコントロール群をおいた調査、周到に準備された前向きコホート研究などはあり得ないので、どうせまともなエビデンスなんてないに決まってる、これは未知のリスクである、安全も危険も分からない、と考えています。

なのですが、こんなに研究に不利な条件が揃っているにもかかわらず、いろんな研究の蓄積があるわけで、ちゃんと自分で原典にあたらないといけない、と思っていました。で、読むべき論文はいろいろありそうだけど、今の様々な議論でよく参照されるICRP、これの様々な基準の大きな論拠になっている広島・長崎の原爆被爆者の被曝線量と健康調査、これがまずは必読だろうと考えてました。

学生の時の疫学の授業でも「広島の比治山に日米協同の研究センターがあって、終戦直後から被爆者の大規模なコホートが行われている。」という話を聞いたことがあって、それが今でも記憶に残っているところをみると、その時から何かひっかかってたんですね。「爆弾を落とした国と落とされた国の研究者が共同で被爆者を追跡?!」と。

で、福島の事故とは別に、年を経るにしたがって、原爆とは何だったのか、なぜ戦争をしたのか、広島や長崎で何が起こったのか、いろいろと興味は増してきて、これらのことをもっと知らないといけない、と思うようにもなりました。

そんなわけで、その比治山の放影研の小笹晃太郎氏らの論文が2011年12月17日にオンラインで出てたようなので読んでみようと思います。
Ozasa K, Shimizu Y, Suyama A, Kasagi F, Soda M, Grant EJ, et al. Studies of the mortality of atomic bomb survivors, Report 14, 1950-2003: an overview of cancer and noncancer diseases. Radiation research. 2012;177(3):229-43. (PubMed, PDF, 日本語抄録
日本語の抄録をはしょると、
原爆被爆者の集団である寿命調査集団(LSS コホート)での死亡状況に関する第 14 報。DS02 での線量推定が行われている 86,611人のうち 58%が、1950–2003 年の期間に死亡。今回の追跡期間延長によって、がん死亡が17%増加、特に被爆時年齢10歳未満の群では58%増加。全死亡のリスクは、放射線量と関連して有意に増加。重要な点は、固形がんに関する過剰症例数は、線形の線量反応関係で生涯を通して増加を続けた。全固形がんについて、線形モデルに基づく男女平均の 1 Gy 当たりの過剰相対リスクは、30 歳で被爆した人が 70 歳になった時点で 0.42(95%CI: 0.32- 0.53)。そのリスクは、被爆時年齢が 10 歳若くなると約29%増加した(95% CI: 17%-  41%)。全固形がんについて過剰相対リスクが有意となる最小推定線量範囲は 0–0.2 Gy であり、定型的な線量閾値解析では閾値は認められなかった。主要部位のがん死亡リスクは、胃、肺、肝臓などなどで有意に増加した一方、直腸、膵臓、子宮などでは有意な増加は認められず。他には、循環器、呼吸器、および消化器系疾患でリスクの増加が示された。因果関係については今後の研究が必要。
で、この時点で疑問に思うのが、
  • 被曝線量はどう測った?DS02 (Dosimetry System 2002) とは?
  • 対象者はどう選んだ? LSS (Life Span Study) コホートとは?
  • GyとかBqとかSvとかよく分かんない。
  • 閾値がないことの意味。
  • 因果関係が分かるのか。
  • 過剰相対リスク(ERR: excess relative risk)って?
  • どこの誰が書いた?放射線影響研究所 RERF とは?
というわけで、すでに色んな人がいろいろ解説されてそうだけど、目をなぞるだけではよく理解できないので、ちょっとずつ調べてみよう(ググるだけだけど)と思います。自分のために。


100806

Popular posts from this blog

72時間の断食やってみた

36時間の断食やってみた

「させていただく」について