株式会社かLLCか

会社を作り始めます。
とはいえ、どうやって作るのか知っているはずもなく、ちょっと調べてみました。で、まずわかったことは、2006年5月に試行された会社法という法律で会社の仕組みが大きく変わったということ。会社の種類が、株式会社合名会社合資会社合同会社(LLC)の4種類になって、よく聞く有限会社という会社はなくなった(というか新しく設立することができなくなった)ということを知りました。そしてさらに、株式会社は、取締役会設置型と非設置型に分かれるそうです。他にも、LLPと呼ばれる有限責任事業組合という組織形態もあるんだそうです。

さて、どれを作るかという話になります。それぞれにそれぞれの特徴があるのですが、僕の場合は人を雇用したりする予定はなく、一人だけの会社を作ろうとしているので、その時点で2択になることが分かりました。「合同会社(LLC)」と「取締役会を置かない株式会社」の2択です。ちなみに一人会社という言葉があって、そのままの意味ですが、「いちにんがいしゃ」というトリッキーな読み方をするんだそうです。へえ。

で、この2つを比較すると、会社の意思決定の仕方が違ったり、決算の公告義務があったりなかったり、株式を発行して出資を募るかそうじゃないか、とか、様々な違いがあるようですが、個人が単独出資して会社を設立する場合には、この2つの違いはほとんどなくて、実質違ってくるのは、「登記などにかかるコスト」と「組織形態としての知名度」の2つだけ、ということのようです。1つ目の登記コストは、具体的には株式会社は大雑把に計算して約250,000円、LLCは約100,000円という差です。2つ目の知名度ですが、LLCはまだ新しくて認知度が低く対外的な信頼度が株式会社に比べて低い、という点が違います。つまり、約15万円で「株式会社」という比較的信用のある名前を買うかどうか、という選択になってきます。

なんと微妙な金額なんでしょう。15万で買えるような信頼って意味があるのかどうかよく分かりませんが、それで信頼が買えれば安いともいえるし、確かに名刺にどっちをかきたいかといえば株式会社なわけで、...もうちょっと悩みます。

設立までの手順もそんなに変わらず、株式会社の場合は公証役場での定款認証というステップが一つ入ってくるだけです。どっちの形態にしてもまずは個人の実印が必要なので、まずは区役所行って印鑑登録です。

つづく。

Popular posts from this blog

エクセル1行をテキスト1ファイルに

72時間の断食やってみた

36時間の断食やってみた