白と黒で振り返る

過去を振り返っている暇などありませんが、報告書を淡々と書く作業はやはり苦痛なのでちょっと息抜き。写真ブログ5周年記念事業ということで、5年間の写真を掘り起こします。大掃除をしているときに、写真アルバムに手を着けるとそこで掃除が終わってしまうという経験はよくあることですが、デシタル写真でもそれは同じこと。息抜きのつもりが息がつまるほどに集中してしまった、なんてことにならないようにサクっと振り返ります。とはいえ、5年分の写真からいくつかピックアップするのは大変な作業なのでテーマを絞ります。今日は白黒写真。

白黒写真、フィルム写真のように撮影前に白黒と決めているわけではありません。カラーで撮った後、画面上で白黒にしたりカラーに戻したりしてから白黒にした、というものばかりです。白黒にするというのは膨大な量の情報を捨てる作業です。「平均30歳(SD=10)」をわざわざ「30歳以上が半数」に書き換えるようなものです。なんでそんなことをするのかというと、「30歳以上」であることに意味なり表現したいことがあるからということですが、これは写真の話、いちいち言語化された意図があるわけではありません。そのあたりに注目しながら、報告書を書きながら、振り返ってみたいと思います。

090629
綿棒、なんで白黒にしたかなぁ。道具は生活感の滲むものとそうでないものに二大別されるわけですが、綿棒って分類が難しいポジションにいるんですね。カラーにすると光の色が伝わるわけですが、暖色だとアットホームな感じ、寒色だと医療現場みたいな感じ、そういう情報が付与されてしまうんですね。そういう情報を省きたかった、綿棒そのものに注目したい、そういう気持ちが白黒にさせたんだと思います。ほんとかよ...。

060829
研究所の喫煙所。屋外に放置されてるスチール棚の上のトカゲです。錆びてて茶色い天板に、トカゲも子供なりに擬態して茶色かったように思います。せっかくの保護色を白黒にして台無しにする、そういう写真です。

060507
写真は時間を止めます。時間を止める道具で時間の流れを撮るっていうのは、断面図で奥行を表現するとか、平面上で立体を表現する、みたいなことで、ちょっとした難題です。平面で立体っていうと、等高線で地形の起伏を表すなんていうのがあって、等高線の間隔で傾斜が表現できるわけですが、この写真は、露光時間内に移動する距離の違いで時間の流れの早さを表現する、みたいなことになっているわけです。等高線図で色が不要であるように、この写真でも色は不要です。これは東京駅かな新宿駅かな。

070803
これはなんで白黒かなぁ。全然関係ないけど、この写真を撮った週は、今年の夏に来日するP先生が来日中で、今書いてる報告書の委託主と初めて会った週で、Nさんと一緒にTさんちに初めて行った週。今になって思えば色んなことが始まった週です。

091007
N700系新幹線の喫煙室ですが、内装の色もシャツの色もグっとこないから白黒。今気づいたけど高校の現代社会の先生にそっくりです。

060116
不忍池。水面から突き出ている棒のようなものは、冬枯れした蓮の茎ですが、これが水面に反射して、水面と一緒にゆらゆらしている形、これがメインのテーマで、他はどうでもいいこと、色もどうでもいいこと、というわけで白黒です。鴨ってきれいな色してるんですどね。それはまた別の話。

081230
遠くを見る父を見る息子。カラーより白黒の方が明らかに良いと思うのですが、なんでかなぁ。想像の余地が大きくなるからかなぁ。

というわけで、白黒写真を振り返るのはこの辺でおしまい。白黒にすると情報量が減るわけですが、なんていうか、情報の密度が小さくなる、っていう方が近いのかなぁ。上手く説明できないけど。

で、写真ブログ5周年記念特別企画、まだ続きます。
次回「食欲がなくなる食べ物写真編」です。

Popular posts from this blog

エクセル1行をテキスト1ファイルに

72時間の断食やってみた

36時間の断食やってみた