700回忌の写真

弘長2年(1262年)に親鸞が亡くなって今年で748年。浄土真宗のお寺の多くで750回忌法要が行われているのですが、うちでは今年の5月15日と16日です。で、昭和43年(1968年)、今から42年前の700回忌の写真。


手前の二人が父と祖父です。


こんな状況で飲むお茶、味しなさそう...。


こんな傘今もあるのかなぁ。


時代劇みたい。


右端の方たちは笛を吹いてるのかなぁ。


お稚児さん。750回忌でお稚児さんを出すかどうかは議論中です。


写っている人はほとんど亡くなってるんですね。塀の向こうの茅葺きの建物は新しいものに建て直され、右側に写ってる松の木は枯れ、ちなみに、この松の木が今はシロシベのデスクです。


お坊さんだらけ。


だらけ。

大昔みたいな光景に驚きつつ、でも一方で、何も変わってないところがいっぱいあることにも驚きます。

Popular posts from this blog

72時間の断食やってみた

36時間の断食やってみた

「させていただく」について