龍と熊

数日に1回ペース、最近は走らずに歩いていることが多いですが、朝は山へ行きます。雨宮龍神社までのコースです。今の季節、花は咲いてない、紅葉にはまだ早い、緑はくすんでて、鳥は静か、虫は少ない、空は抜けるように青いってことでもない、かといって霧や靄がかかるでもない、汗かかない、凍えるほど寒いわけでもない、やや面白みに欠ける季節ではあります。

人間でいうと、子どもの無邪気さや可愛さはもう大昔になくなって、思春期の激しさやカッコ悪さももう卒業、筋肉痛がでるのが遅い、徹夜がきつい、お酒が尾を引く、かつてのセールスポイントの多くで年下にかなわなくなっている、でもまだいろいろ全然諦めきれず、経験値の高さをうりにするにはまだもうちょっと早い、そんなお年頃でしょうか。

話は戻りますが、約7kmのコースの中で、一番好きなポイントがここです。尾根伝いのコースで、ピークが5個ほどあるうちの3番目か4番目か、みたいな場所です。特に何があるわけでもないのですが、何だかグッときます。


シダがきれいです。


昨今の熊ブームの影響か姉が mont-bell の熊鈴をくれました。素敵。ありがとう。

でも、熊がいるなら見てみたいので、鈴は持たずに山に行ったりしてるのはここだけの話。

Popular posts from this blog

エクセル1行をテキスト1ファイルに

72時間の断食やってみた

36時間の断食やってみた