今年も体重計について考える

体重計が壊れました。僕が高校生くらいの時からあったような気がするので、寿命なんでしょうか。で、物を所有することが嫌いなので、壊れたのをいい機会に、捨ててしまって身軽になりたい気もするのですが、一方で、ダイエットのアウトカムを測るスケールであるため(別にそんな言い方しなくてもいいけど)、なんというか、買うかどうか迷っています。去年も同じようなことで迷っていましたが、今年もまたしょうもないことで迷っています。

そもそも、僕が物を所有するのが嫌いなのは、物が好きだからです。手に入れた時のときめきとか、喜び、興奮、そういうのって絶対にずっとは続かなくて、どんなものでも、だんだん色褪せて、醜くなって、埃をかぶって、機能しなくなって、いずれは必ず所有していることが辛くなってきます。ときめかなくなったら捨てればいいのですが、物が作られて僕の手元に届くまでの経緯、歴史、染み付いた思い出、いろいろあるわけで捨てるのも辛いことですし、理性的に考えても環境への負荷とか何とか、捨てることを躊躇う要因は山のようにあります。一生愛し続ける物、なんてのもあるかもしれません。蒐集家が一生かけて集めてメンテナンスして、死んだ後に小さな博物館が作られる、みたいなこともありますが、そんなのは例外で、遺物なんて残された人たちにただ迷惑をかけるのが常です。

というわけで、話は逸れましたが体重計。そんなもん買って使って壊れたら捨てればいい種類のものではあるのですが、やっぱ良くないと思うんですね。使い捨てって良くないと思うんです。というわけで、買わない、もしくは、もし買うならば修理して300年くらい使える体重計がいいんじゃないか、って思ったりもするんです。

300年使える体重計ってことになると、ボクサーが計量で使うような分銅式の体重計だと思うんです。こんな体重計だったら、毎朝の体重計測もきっと楽しい儀式になると思うんですね。ググッてみると128000円...。ううん。確かに、10年に1回5000円の体重計を買い換えていくとすれば、これを300年使えばお得にはなるのですが、300年も生きてないし...。そもそも飽きっぽいので、今年の秋には体重を測ってない可能性も高く、っていうか、体重計に10万なんてどう考えても常軌を逸しているわけで、これはナシです。どなたか、処分に困っている分銅式の体重計をお持ちの方がいらっしゃったら...、いや、いりません。こんな大きくて重い体重計、どう考えても邪魔です。

で、買わない方向に傾きつつありますが、でもやっぱり、体重を測ることが日課になっているので、それもやや寂しくて、自動的に体重をTweetしてくれる体重計とかないかな、と思ったら、驚くべきことに、というか、案の定、「WiFi Body Scale」というのが売られていて、なんというか、げっそりしてしまいます...。

というわけで、毎朝の体重計測は一旦中止することになりました。別のアウトカム指標を考えます。

Popular posts from this blog

エクセル1行をテキスト1ファイルに

72時間の断食やってみた

36時間の断食やってみた